24時間連続して、体の代謝変化がわかる!そんな最先端ホテルが、研究所内にあります

2015.07.11
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
メールシェアボタン
お気に入りに入れる

脂肪代謝の効果をしっかり把握するためには、ヒト本来の体のチカラを知り尽くしておく必要があります。それは、普通の生活の中での変化を知ってこそ意味があります。
そこで花王の研究所で大活躍しているのがヒューマンカロリメータ。TV、机、ベッド、トイレなどが整った、いわゆる普通の暮らしができる部屋型の代謝測定装置です。

部屋型の代謝測定装置ヒューマンカロリメータ

ヒューマンカロリメータ

ヒューマンカロリメータ室内

ヒューマンカロリメータ室内

部屋に入ると、気密性の高いドアが閉められます。部屋の中で、食事をしたり、エアロバイクで運動をしたり、TVを見たり、パソコンで仕事をしたり、眠ったり・・・。
普通に暮らしている間に、脂肪代謝はどのように行われているのか、研究者は24時間連続して、呼吸する空気から、変化を追い続けます。

「寝ているときが、いちばん消費が少ない」
「燃えているのは、体についた脂肪ではなく、食事の脂肪」

測っているのは、本当にちょっとの差ですが、体本来のチカラが正確に見えるからこそ、体にとって適切で効果の高い成分を見つけ出すこともできるのです。 脂肪代謝の確かな裏付けは、この部屋から生まれています。

研究員の写真

専門の測定担当者が分析を担当

花王の内臓脂肪に関する研究はこちら
内臓脂肪に関するQ&A(花王「内臓脂肪ラボ ナイボ」サイトへ)