内臓脂肪を簡単・正確に測る方法が、開発されました!

2015.07.11
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
メールシェアボタン
お気に入りに入れる

高機能体重計が示す「内臓脂肪レベル」は目安にすぎず、放射線を使うCTスキャンだけが内臓脂肪を正確に測定する方法でした。

しかし、ここ数年、体に弱い電気を流して脂肪の蓄積を測る技術が進歩し、内臓脂肪が正確に測定できるようになりました。
お腹にベルト型の電極を巻いて、数秒で測定結果が表示されます。測定プロセス全体でも2~3分です。 ベルトを巻いて内臓脂肪を正確に測定 X線を使わないので被曝の心配がなく、毎月測定すれば内臓脂肪の変化を知ることもできます。
実はこの測定技術、花王の研究所が、内臓脂肪を減らす食品の研究を進める中で、開発したものです。今後、医療機関や健康診断などで広く使われるようになるでしょう。(残念ながら一般家庭用ではありません)

花王では、この「内臓脂肪計」を用い、企業や自治体のイベントなどを訪問。 内臓脂肪と生活習慣を「測って、見える化」するサービス「内臓脂肪ラボ NAiBO(ナイボ)」を行っています。
ナイボの説明 花王の「内臓脂肪&生活習慣チェック」では、おなかの断面イメージや、内臓脂肪年齢がわかります。また、どれだけ内臓脂肪を溜めやすい生活を送っているかも判明します。

職場や地域で測定会を開催したい方はこちら

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
メールシェアボタン