今すぐ始めたい!しっかり食べて太りにくい「スマート和食®」の実践!

2016.09.14
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
メールシェアボタン
お気に入りに入れる

花王の長年にわたる内臓脂肪と食事の研究から発見された内臓脂肪を溜めにくい食事法、それが「スマート和食®」です。

「スマート和食®」を実践すれば、食事の量を減らすことなく余分な内臓脂肪を減らすことができるのです。

(1)まずはこれを習慣に!くらし方を改善する3か条

くらし方3か条
kotsu12_11-1朝食は午前8時まで、夕食は午後8時までを目指す
kotsu12_11-2お菓子やアルコールは、あわせて1日の総摂取カロリーの1割以下を目安に楽しむ
(男性は約250kcal、女性は約200kcal)
kotsu12_11-3週に1回は体重を測定し、増えていたら食事量や活動量を見直す

kotsu12_10-1朝食は午前8時まで、夕食は午後8時までを目指す
kotsu12_10-2
kotsu12_09-2
ポテトチップス1袋(60g)
330kcal
ビール350ml缶
147kcal
大福1個(100g)
235kcal
日本酒1合(180g)
196kcal
せんべい1枚(20g)75kcal ワイングラス1杯(100ml)73kcal
板チョコ1枚(55g)308kcal 缶チューハイ350ml缶 172kcal
プリン70g 190kcalコーラ350ml缶160kcal
ヨーグルト112g 89kcal 缶コーヒー190g缶 65kcal

※代表的な商品から計算。カロリーは目安です。

kotsu12_10-3
週に1回は体重を測定し、増えていたら食事量や活動量を見直す

 

(2)献立や食べ方の参考に!食事の基本5か条

食事5か条
kotsu12_12-1毎食ごはんを中心に、主菜1皿と副菜2皿をそろえる
kotsu12_12-2魚と大豆製品は、それぞれ1日1回ずつ食べる
kotsu12_12-3肉は低脂肪のものを選ぶ
※乳製品は低脂肪か無脂肪のものを選ぶ
kotsu12_12-4旬の野菜、きのこ、海藻、芋、果物をなどをまんべんなく食べる
kotsu12_12-5油脂を使った料理は、1食1皿
※ドレッシングやマヨネーズ、揚げ物は極力控える
 塩分のとり過ぎにも注意