肥満遺伝子を持っている人でも、肥満にならない方法があります

2016.02.01
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
メールシェアボタン
お気に入りに入れる

最近、肥満遺伝子という言葉を耳にすることが増えてきました。しかし肥満の原因は、遺伝的要因だけではありません。実は、食事や運動といった自分でコントロールできる環境要因が、大いに関係します。
肥満遺伝子を持っている人でも、カロリーの高いものをなるべく摂らないようにすれば、肥満にはなりにくいことが実証されています。

著名医学誌「The New England Journal of Medicine」で2012年に発表された大規模コホート研究結果によれば、砂糖入り飲料をたくさん飲む人は、その人が持つ肥満遺伝子が強く働き、肥満になりやすいことが明らかになりました。

また、同誌では2007年、“遺伝は伝染する”という趣旨の論文が発表され、大きな話題となりました。これも、肥満は環境要因が影響していることを示しています。

出典1
Qi Q et al. Sugar-sweetened beverages and genetic risk of obesity. N Engl J Med. 2012 Sep 21. DOI: 10.1056/NEJMoa1203039
出典2
Nicholas A. Christakis et al. The Spread of Obesity in a Large Social Network over 32 Years. N Engl J Med. 2007 Jul 26. DOI: 10.1056/NEJMsa066082

ブタの貯金箱