“気持ちにからだがついてこない”のは、「神経から筋肉への指令の伝わり」低下が原因かも!?

2016.06.20
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
メールシェアボタン
お気に入りに入れる

人がからだを動かすためには、筋肉や骨、関節だけでなく、神経も重要な役割を担っています。なぜなら、私たちのからだは、脳からの「動け」という指令(信号)が神経を通り、筋肉に伝わることではじめて動くからです。

指令の伝わりが悪くなると、からだの動きが衰えるおそれも…。その結果、「あれ?」「おっとっと!」など、今までと同じように動いているつもりなのに、気持ちにからだがついてこない、なんてことも。

“気持ちにからだがついてこない”のは、「神経から筋肉への指令の伝わり(つたわり)」低下が原因かも!?

シェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
メールシェアボタン