疲れやすい?「おっとっと」が増えた?あなたの体力低下はどっちのタイプ?

2017.06.30
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
メールシェアボタン
お気に入りに入れる

年齢を重ねるにつれて体力の低下やからだの衰えを感じているあなた、どちらが実感に近いですか?

A.力がなくなった。疲れやすい
B.「おっとっと!」「気持ちにからだがついてこない」が増えた

あなたが気をつけたいのは筋力低下?神経機能低下の「プレロコモ」?

Aの原因は、筋力低下。筋肉量が減っているのかもしれません。「運動が大切なのはわかっていても、筋トレやスポーツは苦手で、運動不足」という方は、1日10分多くからだを動かす「+10運動」をおすすめします。

▼関連記事:プラス10分の運動で、「いつまでも動けるからだ」づくり

Bの原因は、神経機能の低下かもしれません。ちょっとした段差でよくつまずく、久しぶりに走ったら足がもつれた・・といった「おっとっと!」な現象は、神経機能の低下が始まっている『プレロコモ』の可能性があります。

その原因は、筋肉?神経!? 年齢でこんなに変わる、筋肉と神経

体力低下の原因は、筋肉が減ることだけではありません。実は、筋肉を動かすためには、脳からの指令を届ける神経も重要。下図が年齢による変化のイメージです。

Lynch, G. S. et al./,Pharmacology & Therapeutics 2007; 113; 461、および Faulkner,J. A. et al., Clinical and Experimental Pharmacology and Physiology (2007) 34, 1091–1096 を参考に作図(説明をわかりやすくするために簡略化しています)

筋繊維(きんせんい)の数は、加齢とともにゆるやかに減少します。さらに、神経からの指令の伝達は50~60代で急激に低下するため、せっかくあるのにうまく動かせていない筋肉(上図のグレーの部分)が増えてしまうということになります。

簡単!毎日1分の「伝わり体操」、はじめよう!

年齢を重ねても思うようにからだを動かすためには、「神経から筋肉への指令の伝わり」を維持することが大切です。そこで、毎日たった1分ででき、健康維持にもつながる手軽な体操をご紹介します。

たくさんの方が楽しみながら続けている「伝わり体操」は、レベル1からレベル3まであり、座ったままでもOK!特にレベル1は、「ハードな運動は続かない」「簡単なストレッチくらいなら試してみたい」という方にぴったりです。

「伝わり体操」監修:京都学園大学 吉中康子教授

<レベル1>

*以下の説明では、より簡易な内容をご紹介しています
「伝わり体操」

レベル1の基本の動きを、速いテンポでチャレンジしてみましょう。スロージョギングの速さが目安です。

<レベル2>

慣れてきたら、難しい動きのレベル3にも挑戦してみましょう。

<レベル3>

さあ、今日から「伝わり体操」で、きびきび動けるカラダを取り戻しましょう!

*体操は無理のない範囲で行ってください。